上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都霊山護国神社にある坂本龍馬と中岡慎太郎の墓の横にある二人の銅像。

坂本龍馬が堂々と立っていて
中岡慎太郎が座っている。
なんだか中岡が龍馬の従者のようで、これを見るたびに違和感を覚える。

龍馬を超える活躍・貢献をしたとも評される中岡慎太郎なのに。

ryozan-zou.jpg

ryozan-zou2.jpg

スポンサーサイト
鹿児島市内にある西郷隆盛像。

東京の銅像とは違って軍服姿です。

saigou2.jpg

saigou1.jpg


桂浜にある龍馬像の後ろ姿。

日本の夜明けぜよ!

ushirosugata1.jpg


大河ドラマ「篤姫」で一躍全国区になった小松帯刀(たてわき)。

鹿児島市宝山ホールにある小松帯刀像です。

坂本龍馬や西郷さん、大久保さんが活躍できたのも
小松帯刀のお陰とも言えるのです。

komatu1.jpg

komatu2.jpg


龍馬がおりょうと新婚旅行で登った霊峰・高千穂峰。
龍馬の手紙にも絵つきで書かれている山です。

昔の足袋か草履でこんな山登ったなんてすごすぎます。
普段体を動かしていない私は、かなり骨が折れました。

1枚目の写真の奥に見えるのが高千穂峰です。



amanosakahoko3.jpg


鹿児島市内中心にある大久保利通像。

なんといっても維新の三傑!

鹿児島県内では西郷さんに比べると圧倒的に人気は低いですが、
日本の近代化に果たした役割は、西郷さん以上です。

銅像もカッコイイ!



ookubo2.jpg


坂本龍馬の誕生地の碑は国道33号線の上町2丁目にある。
現在は病院が隣に建っています。

龍馬の誕生日である毎年11月15日には「龍馬誕生祭」が開催されるそうです。

ryomatannjyo.jpg

ryoumatanjyou2.jpg


慶応3年6月から11月まで御陵衛士が屯所としていた月真院です。

京都・高台寺付近にあります。

伊東甲子太郎が新撰組から離脱して組織した天皇の御所を守るための組織。
高台寺、月真院を屯所としたため、高台寺党とも言われています。


goryoeji1.jpg

goryoeji2.jpg


鹿児島県塩浸(しおひたし)温泉にある、龍馬とおりょうの像(新婚湯治の碑)。

ここには、龍馬とおりょうが入浴したという浴槽もあります。
(ただし、現在その浴槽に入ることはできません)


shiohitashi.jpg

shiohitashi3.jpg

shiohitashi2.jpg


「花月」は寛永19年(1642年)に創業した遊女屋引田屋(ひけたや)の庭園内に造られた茶屋。

海援隊士や坂本龍馬も出入りしていたと言い
「竜の間」の床柱には、坂本龍馬が酔ってつけたと言われる刀傷の跡が生々しく残っています。

長崎県の史跡に指定されている、全国的にも珍しい史跡料亭で、
龍馬ファンなら一度は訪れたい料亭です。

※「花月」に行かれる方は必ず事前に予約を取るようにしましょう。
予約をとらないと見学できないと思います。

kagetu1.jpg

kagetu2.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。